照屋実穂

ヴォーカル


 幼少期よりピアノを習い、家では弾き語りを楽しむ子供時代を過ごす。法政大学人間環境学部卒業。大学在学中よりジャズサークルに所属し、様々な音楽を吸収し、オリジナル曲を書き始める。東京ミュージック&メディアアーツ尚美アレンジ・作曲学科(アカデミー)で2年間学ぶ。別で、師に付きボイストレーニングを受ける。
ピアノ弾き語りで音楽活動を始め、2006年CDデビュー。同年、映画「フラガール」の主題歌日本語バージョンの歌手に抜擢され、歌唱と詞を担当。NHKアニメ「彩雲国物語」第2シリーズのエンディングで「明日へ」を担当。その他、ちい散歩、九州経済NOW、タカラレーベンCM、JAL機内映像等で曲が使われた。
2015年9月、フラガールズ甲子園2015公式ソング「うたえおどれわらえ」を含む2ndアルバム「My Life」発売。シンガーソングライターとして活動中。子供ができてからは、子供とのコミュニケーションを通じて、童謡などに触れる日々を過ごし、自分のレパートリーにもしている。ブラジル音楽や、ハワイアンにも取り組んでいる。 
ホームページ http://teruyamiho.com
Facebook https://www.facebook.com/teruyamiho/
 

【一言コメント】 自分の今までの経験から、皆さんのお役に立てるようなことをお伝えしていきたいと思います。私自身、毎日歌や音楽と格闘していますが、いつも同じコンディションで歌うことの難しさを感じています。体が楽器ゆえ体調管理や練習量の調整も大事になってきます。声というのは、結局は本人が一番よく知っているものだと思うので、その人に合わせ、サポートをしていけたらと思っております。でも、一番は楽しく歌うお手伝いができたらいいなと思います。