高山京子
 

ダンス講師


千葉県出身。東京ミュージック&メディアアーツ尚美 ミュージカル学科卒業。中学入学と同時にバレエを習い始め、高校でジャズダンスに触れ、専門学校ではタップダンス、モダンダンスを学ぶ。その後、S&S Entertainmentにて俳優・演劇コースを受講し、ヴォーカルを柴田節子氏に師事。東宝ミュージカル『レ・ミゼラブル』、Rainbow Jam公演『恋’s』『ギフト』等の舞台や、S&S MUSICAL SHOW LIVE、柴田節子パフォーマンスライブ等に出演。S&S主催の公演やライブにおいて、振付も手掛ける。

【一言コメント】ダンスはとっても身近なものです。言葉ではなくカラダを使った表現は日常生活の中にもたくさんあります。スキップしたりジャンプしたり。体を動かすだけでなく、自身の体を感じ、楽しくダンスができることを願っています。カラダを動かす気持ち良さ、ダンスを踊る楽しさ、踊れた時の達成感、ともに学ぶ仲間がいる喜びなどなど。そんな時間を一緒に過ごせたら幸いです。自分のカラダをいっぱい使って、楽しく表現しましょう。