椿原明子

担当:ヴォーカル


 福岡県出身
東京コンセルヴァトワール尚美音楽社会研究コース電子オルガン学科卒業
6歳より電子オルガンを始める。
14歳から18歳までアメリカのテネシー州に留学し、カントリーソングやJazzなど洋楽に触れる。
ヴォーカルをSetsuko氏に師事。
仮歌、レストラン、カフェバーでの歌唱、司会等で経験を積む。
シンガーソングライターとしても四谷天窓comfort、恵比寿Switch等のライブハウスで活動。 また、ヴォーカル以外に、DTMマガジンにて作曲、アレンジ法等のコラムを執筆、音源制作なども手掛ける。
ボイストレーナーとしての経験も長く、専門学校やカルチャーセンター等様々な場所での指導経験もある。 事務所所属者からJazzシンガー、若手から趣味の方まで幅広い世代の方に対応。
バイリンガルトレーナーとして、日本人に合った無理のない英語の歌唱スタイルを提唱し、歌詞のイントネーションやグルーブや音色の出し方のトレーニングを得意としている。

twitter
@AKIKOCAMELLIA

Facebook
https://www.facebook.com/akiko.tsubakihara

【一言コメント】「かっこ良く声を出すということは自然なことですが、どう使うかうで質が全く変わります。 質を上げ、長く歌っていく上で、一人一人の声の良さを見抜き伸ばしていくことに力を入れています。」